剣道防具クリーニングと
藍染めリメイクをご利用頂くための
ご確認事項(利用規約)

面、小手、垂、胴をクリーニングに出される前に、必ずご確認ください

当店では損傷部分の修理は行っておりません。クリーニング終了後の修理をお勧めいたします。

面クリーニングについて

  • 面紐は付けたままクリーニングに出しても問題ありません。付いたままでしたらそのままクリーニング致します。
  • 水洗いのため(ドライクリーニングではないため)若干の色褪せが生じます。
  • クリーニングにより若干硬化するものがあります。(皮革部分)何回か使用することでもとに戻ります。
  • 面の縁部分や飾りの損傷、紐の損傷、またクリーニング前には気が付かなかった損傷部分は、クリーニングによって損傷が広がったり顕在化する場合があります。特に面縁の漆黒、朱塗り部分はほとんどの場合滑落します。
  • 面縁は洗浄後、黒塗りと朱塗りを行います。※特殊なケースを除く
  • 面縁の黒塗り、朱塗りは、本漆に似た顔料を使用いたします。朱塗りに関しての色味(色合い・発色)は当店専用の朱赤色で行います。特に橙に近い朱色の場合は色が合わない場合があります。ご了承ください。(面により朱塗りは赤~橙まである為)
  • また面布団に使用している皮革は汗の成分である塩分等がバインダーとなって面布団に留まっているものはクリーニングにより滑落してしまいます。早めのクリーニングをお勧めします。
  • 面金は、色々な材質があり、材質によっては錆(緑青など)、メッキやコーティングの剥離及びキズからの腐食が進行している場合があります。材質によってはクリーニングすることでより顕在化するものがあります。
  • 面金裏の赤塗りはクリーニングすることによってほとんどの場合、剥離を起こします。ご了承ください。
    面金裏の赤塗りも施工可能ですので、ご希望の場合、お預かり時スタッフにお申し付けください。
  • クリーニング後、面が少し締まったように感じますが、数回の稽古でもとに戻ります
  • フェイスシールド、フェイスガード、マウスガードなどは事前に取り外してください。こちらでも可能な限り取り外しますが、物理的に取り外せない場合はそのまま洗います。その場合、洗浄中や脱水時に破損する恐れがありますが弁償しかねます。ご了承ください。

小手クリーニングについて

  • 小手紐は付けたままクリーニングにお出しください。
  • 水洗いのため(ドライクリーニングではないため)若干の色褪せが生じます。
  • 甲に皮革を使用しているものや手の内はクリーニングにより若干硬化するものがあります。何回か使用することでもとに戻ります。
  • 手の内の穴あきや甲部分の損傷及び紐の損傷、またクリーニング前には気が付かなかった損傷部分は、クリーニングによって損傷が広がったり顕在化する場合があります。
  • 甲裏の綿素材は汗や皮脂により劣化している可能性があります。クリーニングすることによって損傷し中綿が飛び出したりする場合があります。
  • 綿素材や皮革素材の特性上クリーニング後は多少収縮します。小手が少し締まったように感じますが、何回か使用することでもとに戻ります。
  • クリーニングにより手の内に紺縁革の藍染料が移染(色泣き)する場合があります。

垂クリーニングについて

  • 垂の縁部分や飾りの損傷、紐の損傷、またクリーニング前には気が付かなかった損傷部分は、クリーニングによって損傷が広がったり顕在化する場合があります。
  • 大垂、小垂、及び中央大垂、左右大垂の色褪せの差は、クリーニングによっても解消されません。藍染めリメイクをお勧めします。
  • 藍染めリメイクを行う場合、原則紐は藍染めリメイクを行いません。ご了承ください。

胴クリーニングについて

  • 胴胸は意外と汗を吸収しているため、早めのクリーニングをお勧めします。
  • 胴紐は付けたままクリーニングに出しても問題ありません。付いたままでしたらそのままクリーニング致します。
  • 蜀紅、乳皮部分のホツレや損傷、またクリーニング前には気が付かなかった損傷部分は、クリーニングによって損傷が広がったり顕在化する場合があります。
  • 胴台のキズはクリーニングでも直りません。胴台が竹の物は使用頻度により、竹に隙間が生じる場合があります。

小手・面・垂の藍染め染リメイクについて

  • 当店での染リメイクには、天然藍を使用します。本藍と染色堅牢度はあまり変わりません。リメイクにより刺繍ネーム、メーカーロゴ、手の内、縁裏皮飾りに藍色が付くことがあります。ご了承ください。
  • 皮革部分が牛革を使用している物は染まらない場合があり、染まっても黒く見える場合があります。
  • 色褪せが著しく進行している物は染めにお時間をいただきます。
  • 突き垂れ蜀紅に藍色が付くことがあります。ご了承ください。
  • 鹿革牛革等の特性で生存中のキズが、クリーニングによって顕在化する場合があります。
  • 藍染めリメイクは原則表側のみとなります。裏側リメイクはご相談ください。
  • 紐は原則藍染めリメイクを行いません。小手や面の紐は褪色しやすいのですが、ご了承ください。垂の結び帯も原則藍染めリメイクを行いません。
  • 藍染めリメイク後の使用状況により若干の色落ちが生じます。

カビてしまった剣道防具について

  • カビが生地の中まで浸食してしまった場合、藍色の色素まで浸食することがあります。(洗浄後、色素抜けしたことが判明します)
  • このような場合は「藍染めリメイク」をおすすめします。

カビの発生している面(洗浄前)

カビを除去(洗浄後)

当店では損傷部分の修理は行っておりません。クリーニング終了後の修理をお勧めいたします。

剣道防具クリーニングサービスページはこちらへ

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せ
049-255-4551

定休日:木曜日(本店のみ無休)

メールでのお問合せ
お問合せフォームへ